MENU

Monthly Archives: 11月 2017

認知症の予防

sick_ninchisyou_noukekkan

認知症の原因も様々ですが、

その1つに、アミロイドβが関わっているという説が

今の時点では可能性が高いと言われている。

ではなぜ、これが頭に溜まるのだろうか?

血流が問題に挙がってくるんですが、、、

そう、脳の血管は細いんです。

皆さん、掃除を思い浮かべて頂ければ、

狭いところの掃除って大変ですよね。

それが脳で起こっているんです。

だから、血流を良くして、丈夫な血管にすることと

血液自体もしっかりとしたものを作れる身体でいる事が大切なんです。

それが漢方では出来るんです。

例えば、血を作る綺麗にするといっても、心臓なのか、肝臓・腎臓または肺なのか

どこかに何かしらの異常があれば、機能は落ちます。

問診で見極め、漢方・生薬を組み合わせることで最大の効果を引き出す。

認知症の予防に遅いはありません。

健康寿命を延ばしましょう!

 

姿勢矯正

IMG_20171121_095634_873

 

少し見にくいですが、、、

真ん中にピンク色でラインを書いた部分が中心(くるぶし)

右はだいぶん体が反っています。

左は真っすぐ

これ、、、実は背中に一枚テープを貼っただけなんです。

しかも、左に回りにくかった腰が周り

左右での力のバランスがうまく取れた。

とにかく、姿勢に関してはすぐに実感できます。

気になる方は是非、ご来店下さい。

抗ガン剤の副作用対策

kaigo_rourou_hard

抗ガン剤の副作用の辛さで治療を止めてしまう人

副作用が怖いので治療をしない人がいるらしい

そんな方に漢方が有効ではないかと思います。

なぜなら、漢方は症状に対して1対1対応ではないからです。

例えば、食欲がなくなると体力や免疫も落ちる。

そこで漢方は食欲を増進しながら、気力を補えるので免疫力の向上にもなる。

後は皮膚症状に関しては

乾燥を治しながら、痒み(炎症作用)を抑えてくれる。

そうなんです。

あれもこれも飲むという必要性が少ない。

その他、おう吐・末梢神経障害・倦怠感・眼症状等々

次に、

漢方は効果が遅いというのは間違いです。

実際に、風邪の引き初めに葛根湯

    足のこむら返りに芍薬甘草湯

はすぐに効果が出る。それを知っているのに、

他の漢方は違うというのは間違いです。

是非、癌治療に漢方の使い道をお考え下さい。

腎が重要!

body_icon10_hizou

肝腎要と言われるように、

実際に腎は身体にとって本当に重要な役割をしているんです。

腎臓の最も大切な働きは、体の中にたまった老廃物や余分な水分を外へ出して、血液をきれいにすることです。

次に体液量とイオンバランスの調整

さらに、血圧の調節も行っています。

その他では、ホルモンの産生・分泌です。例えば、腎臓から産生されるエリスロポエチンは、骨髄での赤血球の産生を促します。

そして、ビタミンDの活性化も行います。それにより、カルシウムの吸収が促され、骨が丈夫になります。

実は血(量と圧)、骨に影響しているのです。

後は、薬の排泄にも重々関わってきます。

しかし、漢方では腎は男女とも20代を境に機能が落ちていくと言われている。

では、いかに腎を活かすか?!

それが漢方です。

補腎と言い、腎の機能を補ってくれるのです。

老化防止、病気予防の第一歩ではないでしょうか?

「続け健康体、延せ健康寿命」

 

 

足・腰の痛み

kansetsutsuu

快適に過ごす為に

前回は「冷える」という観点からのお話をしました。

今回は特に多くみられる変形性関節症を取り上げたいと思います。

まず、なぜ骨が変形するのでしょうか?

①筋肉の減少

②骨への栄養が減少

③普段の姿勢

この3点が非常に大きく影響するのではないかと考えます。

漢方では何が出来るのでしょか?

実は骨への栄養を向上させられるのではないかと

私は考えます。

それなら、薬でカルシウムを摂ったりしていると言われるのですが、

そもそも、その薬がきちんと作用出来る状態なのか?という事なんです。

骨にも血液から栄養をもらっています。

その血管が丈夫かどうか?

それと、腎が弱っているかどうか?

漢方ではこの2つを補うことで、根本的なところを改善していく方法です。

痛くて歩けない、歩かないから痛む

この悪循環をなくすため漢方はオススメです。