MENU

体の冬支度しましょう

冷え症

寒さに弱い方

色んな病気を引き起こす原因になりますよ。

特に冷え性の方は血流が悪いので注意です。

だって、人間は血液で栄養を運び、老廃物を回収していますから

血流が悪いと栄養も来ない、老廃物は溜まるという最悪な状態になるわけです。

それに血管自体も収縮しやすいのでさらに血流は悪くなる。

 

運動なんかしたくない。

食事も何を食べたらいいかも分からない。

そんなお悩みも一緒に相談して下さい。

体を温め、血流を改善してあげることで

大病の予防だけではなく、風邪の予防にもなります。

寒さに負けない体つくり!

後は少し漢方を服用で効果アップも目指しましょう!!

腸活2 どうすれば元気に活性?

yobou_ichou

まずは食事でどうにかならないか?

・納豆で日和見菌を見方に!

日和見菌とは・・・

優勢な方に加担する性質の菌で、 普段は特に体に影響はありません。

しかし、全体の7割が日和見菌だとも言われている。

・食物繊維が善玉物質を作る

大腸のエネルギー源となる

また、粘膜を刺激し、蠕動運動を活発にしてくれる。

 

しかし、納豆・野菜嫌いというあなたに

安心して下さい、薬局で出来ることがありますよ。

漢方や酵素ドリンクでも腸を整えるお手伝いは出来ます。

syouyaku_pic01

 

高周波って何だ?

toilet_hinnyoudiet_before_womankansetsutsuu

頻尿、ダイエット、関節痛でお困りの方

業界初の60万ヘルツの周波数

高周波を当てることで、深い筋層まで届く

まずは低周波と高周波の違い

低周波:

低周波は、浅い部分の筋肉を動かしてコリをほぐします

高周波:

高周波は、身体組織まで深く浸透し、コリの患部に到達して血管を拡張させ、血行を促進。肩コリ・腰コリを改善

 

また、筋肉を刺激することで、筋トレの代わりになる。

頻尿の方には骨盤底筋を鍛える事が出来る。

ダイエットの補助といて脂肪の燃焼を助ける。

さあ、皆さん一度体験に来てください。

 

 

腸活1

yobou_ichou

元気な胃腸は健康の第一歩

腸内細菌は体の中に1000兆個もある。(体の細胞は60兆個)

そして、人間も根源は細菌からの進化である。

そして、便のほとんどが最近の死骸です。

入れ替わりが早いのです。

逆にいうと、腸内環境を良くするのも時間がかからないとも考えられる。

腸内環境が悪いと、ガン・アレルギー(アトピー、花粉症等)、うつ等にも

関係してくると言われている。

実際、私自身もアトピーで腸内環境を整えると症状が改善していることを実感しています。

腸活、始めましょう!

 

3次災害か?!

utsu_woman

従業員の話ですが、

先日の台風で停電が3~4日間ありました。

その影響か「疲れ、胃の痛み」などが顕著に出たと聞きました。

これは3次被害のように考えれます。

ストレスがかかり体調を崩している方

原因はあなたの体がおかしいのではなく

自律神経乱れや失調、過度の疲労が考えられます。

症状に合わせて薬を飲んでも一時的に良くなるだけです。

ご注意を!

ダイエットのお手伝い

diet_before_woman

ダイエット、、、

何度も何度もチャレンジするけど、、、

また元に戻る。

そんな事はありませんか?

当薬局では1、目標を決める。

2、どんなダイエットをするか決める。

3、インナーマッスルを鍛える。(高周波の機械を使用)

 

綺麗に痩せるために何が必要なのか?

そして、お客様が何が出来るのかを考慮してご提案

糖は悪いのか?

diet_before_woman

 

「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたもの、私たちが日々の活動で消費する「エネルギーの源」となっています。

なので、糖質が不足すると、疲労感や集中力が落ちてボーっとしたりしてしまうことになります。

糖質・糖分を減らす事ばかり言われますが、きちんと自分自身で消費出来るだけの糖質を摂る事は大切なのです。

では、うまく付き合うためには?

1、食物繊維と一緒にとるです。

2、茶色い炭水化物に変える。

3、漢方で胃腸を整える。

4、代謝を上げる。

5、お漢方茶で糖質の吸収を抑える。

 

夏バテ対策

kaigo_rourou_hard

まだまだ暑いです!油断大敵

160705045114

そんな時はアミノ酸も含まれたドリンクがいい。

他にも

漢方では

療方昇陽:「気」を補充

療方調流:「気」を回してくれる

「気」は体を動かす元であったり、体を守ったり、血液や水分の巡りも良くしてくれるものです。

夏バテする前に対策をすることが、一番です。

アトピー性皮膚炎7

body_i_bad body_i_good

さて、あなたの胃腸はどちらですか?

アトピー性皮膚炎だけでなくアレルギー体質の方には

胃腸が弱い方が多い。

ですので、すぐに下痢や便秘を繰り返す。

それでは、栄養も吸収できないし、薬を入れても効きにくかったりすると考える。

なので、症状も改善しにくい。

そこで、当薬局では積極的にここの改善をする。

胃腸なんて関係ないと思っている方

是非、お試しに来てください。

 

水分摂取の真実

kaigo_rourou_hard

まだまだ暑い日が続いています。

熱中症対策で水分摂取がテレビ等々で言われますが、、、

水分ばかり摂取している方が熱中症まっしぐらの可能性もあります。

それは漢方でいう「水毒」

体の水とはリンパ液、消化液、唾液、汗など、血液以外の体液を指します。

「水毒」とは、体の中に余分な水がたまった状態です。

つまり、体全体が浮腫んでいるようなものです。

そこに熱が入ると、体が湿気をおび、さらに水毒が悪化する。

 

ですので、飲んだ水をさばける体にする!

それが重要なのです!