MENU

Monthly Archives: 9月 2017

アトピー性皮膚炎 2

top_greet_img 

お客様の痒みの原因を知る

病院では塗薬でステロイド剤が当たり前のように出されます。

確かに一時的には良いかもしれませんが、症状が酷ければ結局は内服を服用する事になります。

しかし、これは根本的な治療にはならない、なぜなら、痒みが出るのを抑えようとしているだけに他なりません。

そこで漢方では何を診るのかです。

身体で何が不足、何が過剰、または何かが弱っているのかを診て判断します。

今回は胃腸に注目

1、快便かどうか?

2、消化出来ているか?

3、胃腸に痛みや冷えがないか?

まずは「快便」、身体の腸内環境が整うと便は出るはずです。腸内環境と皮膚との相関はアトピー性皮膚炎に限らず、他の皮膚炎や美容上の皮膚状態にも見られる。

そして、「消化吸収機能」、自律神経機能と共に生体のもっとも基本的な要素で、体内のすべての器官や組織に関係してきます。 免疫機能に関しても言える事です。

さらに、胃腸に「痛みや冷え」、これも機能低下を確実に落とす要因です。

胃腸だけでも様々な要因があります。

是非、漢方でアトピーの根本原因を整えるましょう。

つら~い! 耳鳴りに漢方

miminari

「キーン」、「ウォーン」、「ツー」等の様々な音があったり

近くで鳴っていたり、遠くで鳴っていたり

そして、大きかったり、小さかったり

どれであれ辛い。

だって、1日中鳴っているとなれば、辛すぎる。

漢方ではどういった

見方をするのか?

基本的には水が影響していると考えます!

なぜ水の代謝が悪くなったのか?と考えるんです。

ただ水が多い方

水の排泄が悪い方

水の循環が悪い方

水が詰まっている方 などです。

しかし、これがなぜ起こっているのか?というところを

診るのが問診の大切なところ

ただ水が原因だから出すではないのです。

きちんと体質に合わせて、耳鳴りの原因を改善していく事が漢方でできる事です。

便にも色々!形から分かる体調変化

syouyaku_pic01

便秘はもちろんですが、便にも実は色々あるんですよ。

まずは

便秘の方の便:コロコロと硬い

便秘の人に多い典型的なタイプの便です。大変硬いので、排便時に苦しい思いをする便です。

次に

ストレスが多い方の便:小さい便

腸の緊張が不安定な状態を反映しています。

そして

食べ過ぎの方の便:形は少しあるがベトッとした便

排便の時の抵抗感がなく、さっと出ます。形は整っていますが、水を流す時に便器の中に便が拡がります。

 一番いい便は

バナナ状の物で硬くもなくやわらか過ぎない便

漢方や生薬で自然に毎日出るようにしませんか?

是非、ご相談下さい。

気候の変化の不調

yjimageAGCMBTUS

気候の変化が出てきて

体調が優れなくなるのはおおいにあることです。

気温、気圧、雨などが要因になる事があります。

例えば

気温は寒暖差が大きくなると自律神経が乱れます。

気圧の変化があるとめまいや頭痛

雨が多くなると関節に水が溜まり痛くなる

等々

人によって症状は様々ですが、

気候の変化は体に影響を及ぼします。

しかし、このような症状は病院に行っても

歳のせいだとか、原因がはっきりわからず対処療法で

過ごすものが多いのではないでしょうか?

私が考えるに、このような症状は自分への

身体から発する信号だと思います。

是非、はっきり分からない症状、漢方を試してみて下さい。

たまにはオフ?!

170904034141

 

以前から行きたかった赤穂のさくらぐみ

お客さまには食養生と言いつつも、、、

久々に食べ過ぎた。

しかし、おいしい物を頂ける幸せ

そう!

食べれるから元気なのだ。

いや!

元気だから食べれる。

これは漢方でも同じだと感じます。

Aが悪いから、Bが悪くなるのか

Bが悪くなるのは、Aが悪いから!

因果関係を辿ると真の原因が露わになる。

さあ、今週からまた、頑張るぞ!