アトピー性皮膚炎 2

top_greet_img 

お客様の痒みの原因を知る

病院では塗薬でステロイド剤が当たり前のように出されます。

確かに一時的には良いかもしれませんが、症状が酷ければ結局は内服を服用する事になります。

しかし、これは根本的な治療にはならない、なぜなら、痒みが出るのを抑えようとしているだけに他なりません。

そこで漢方では何を診るのかです。

身体で何が不足、何が過剰、または何かが弱っているのかを診て判断します。

今回は胃腸に注目

1、快便かどうか?

2、消化出来ているか?

3、胃腸に痛みや冷えがないか?

まずは「快便」、身体の腸内環境が整うと便は出るはずです。腸内環境と皮膚との相関はアトピー性皮膚炎に限らず、他の皮膚炎や美容上の皮膚状態にも見られる。

そして、「消化吸収機能」、自律神経機能と共に生体のもっとも基本的な要素で、体内のすべての器官や組織に関係してきます。 免疫機能に関しても言える事です。

さらに、胃腸に「痛みや冷え」、これも機能低下を確実に落とす要因です。

胃腸だけでも様々な要因があります。

是非、漢方でアトピーの根本原因を整えるましょう。