脳と腸

yobou_ichou

脳と胃腸の関係

・幸せホルモンのセロトニン

実は脳からではなく腸で作られている。

セロトニンは、体のリズムを整えたり、睡眠の状態にも関係しています。また、体温の調整や痛みの認知、食欲制御や消化・吸収に至るまで、多くの体の機能に関わっているのです。そして、そのほとんどが腸で作られているのです。

腸で多くのセロトニンが作られると聞くと「腸で作られたセロトニンが脳に運ばれて働く」と感じるかもしれませんが、実際には腸で作られたセロトニンが脳に直接入ることはありません。  

実は、脳に栄養が運ばれるためには、血液脳関門というフィルターを通過しなくてはなりません。ですので、これが直接脳に関わるという事ではありません。

腸のセロトニンは、腸クロム親和性細胞という細胞で作られて分泌されています。実は、この腸内セロトニン濃度の情報が、腸と脳をつないでいる神経系に伝わって、脳の働きに影響を与えています。そして、この関係性に腸内細菌が関わっているのです。