花粉症と漢方1

kafun_kusyami

気温が上がりまさに花粉の飛散が増えてきます。

そこで漢方ではこう考える。

今回は簡単で大まかに分けていきます。

1、気の不足

 元気がない、虚弱体質、疲れるなど

2、冷える

 全身、下半身のみ、上半身のみ、手足の先だけなど

 冷えにも色々あります。

3、胃腸が弱い

 これは気の不足に似たようになるのですが、大本の原因が変わってきます。

しかし、花粉症といえば

抗アレルギー剤が処方されるくらい

服用すると眠気や日中にボーっとしたりする。

これはこれで辛い。

漢方で身体の体質を考えた療法を行います。

抗アレルギー剤との併用も可能です。