MENU

糖尿病

糖尿病は、インスリンの分泌や働きが不十分で、血液中のブドウ糖濃度が上昇してしまう病気。高血糖の状態が長く続くと、三大症状といわれる多飲、多食、多尿のほか、全身の倦怠感や体重の減少といった特徴的な症状が現れます。 中医学では「体の消耗が激しく、のどの渇きが強い」という症状の特徴から古くから「消渇(しょうかつ)」と呼ばれてきました。遺伝的素因のほか、飲食の不摂生やストレスが原因となり、特徴的な肺・脾・腎の症状がみられます。 糖尿病で怖いのは、初期には自覚症状がほとんどないということ。そのため、気づかないうちに病状が進行してしまうことも少なくありません。糖尿病が進行すると、腎症や網膜症、神経障害の三大合併症のほか、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などの血管障害を引き起すこともあり、失明や下枝の壊疽、四肢のしびれの危険にも至ります。

療法健脾

肥満の傾向

 その他:胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、嘔吐

白虎加人参湯

口渇、多飲の傾向

 その他:ほてり、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ

桂枝加苓朮附湯

痩せ方で疲れやすい傾向

 その他:関節痛、神経痛、尿量が少ない、頻尿