MENU

Monthly Archives: 5月 2019

体は日々、炎症と戦っている!

meneki_badmeneki_good

炎症は毎日毎日、繰り返し起こっている。

それに負けてしまう。

または炎症が強すぎる。

それが病気になるかならないかの要因である。

例えば、熱が出た。

ある程度までは解熱剤を使わないで下さいと言われた事はないでしょうか?

これは身体が菌と戦っている炎症なのです。

他に赤みや腫れも炎症です。

そう考えれば炎症は身体で日々起こっていることだと分かってもらえると思います。

上記は突発的な炎症ですが、

これが、血管や内臓などでも同様に起こっているとしたら、、、

そこで、炎症に負けない体作り!

炎症を最小限に抑える体作り!

が重要になると考えます。

それが出来るのが、漢方です。

日々の体から炎症に負けないよう体を整えましょう!

 

骨密度

y070201-000-000

骨密度

知らない内に下がってますよ!

骨折して初めて減少を知る。

それ、遅すぎです!

転んだり、圧迫してつぶれる前に

まずは測定

是非、岸和田薬局をご利用下さい。

アトピー性皮膚炎12

yjimageHACC8W6G

水分摂取

アトピー性皮膚炎の私は乾燥がひどい。

そこで春くらい(3月~)

水分を1.5Lは飲むようにしてみた。

これだけでアトピーが治るわけではないでしょうが、

少しずつ、皮膚の感じがいい気がする。

痒みがだいぶん治まっているのです。

要因として、温かくなり汗せんが開きだしてきたのも、

プラスの要因もあるかもしれませんが、

痒みが少しでも治まってくれる事はアトピー性皮膚炎に

とっては、とても重要であると考えます。

 

新元号 令和 

女性顔

何かが変わる時

それは自分自身も新たなスタートを迎えられそうで

ウキウキ!

漢方は問診が重要なんですが、

お客様は、やはり、実際に自分の目で見えるようになったり

測定値で分かったたりしないと、なかなか判断がしにくいのは確かです。

しかし、自分では感じていなくても、周りが感じている時もある。

例えば、痛みでは

何となく最近、「痛い」という言葉を聞かなくなった。

本人は気づいていない時もあるようだ。

なので、本人だけではなく、付き添いの方がいる場合はその方からも様子を伺う。

そして、当薬局では、

血流、毛細血管、骨密度、ストレス、血糖

などなど

実際に測定しながら、相談をうけています。

漢方では病気になる前の予防、未病のうちに身体を整える事が出来る。

いつでもご相談下さい。